外貨貯金とFXのスワップ運用


x2dd343 外貨貯金とFXのスワップ運用には違いがあるのをご存知ですか?どちらがお得か検証してみましょう。

投資の方法に、外貨貯金とFXのスワップ運用というものがあります。実はこの二つの方法はとても似ていると言われる事が多いようです。確か似ている点がいくつか有ります。しかし検証してみますと、まったく異なる点があるようです。それではここから外貨預金とFXのスワップ運用との違いとはどのようなものなのかを説明してみたいと思います。はじめにそれぞれの仕組みがどのようなものなのかをお話します。まず外貨貯金とは円を外貨に換えます。

そして外国の銀行にそれを貯金します。それに対して、FXのスワップ運用とは、FXにおいて通貨ペア間の金利差が出るのですが、その時のスワップポイントと言うものを利益として受け取る運用方法を指しています。この二つは、確かに金利で利益を出すと言う方法なので、共通している面があると思います。では、どの部分に違いがあるのでしょうか。

文献: 「オプションバイナリー.net」

 まず取り上げる点としましては、取り扱える通貨の選択がそれぞれに違うと言う事です。外貨貯金では、円から別の外貨にという、あくまでも一方通行的な売買のみになります。しかし、FXでは、ドル円やユーロドルなどの通貨を始めとし、実に様々な通貨ペアを選択できる選択する事が出来るので、その時の情勢に合わせて選択する事で、利益の出やすい運用をしてゆくことが可能となります。それから、外貨貯金の場合ですと、国内銀行と同じで、満期になるまでは日本円に戻すことが出来ないのが基本です。

その為、例えば急激な為替の動きがあった時にも、それに対応した形で貯金を出したり入れたりすることが出来ません。それに対して海外FX業者のアイフォレックスや口コミが多いOandaのようなFXの場合には、大体ほとんどが24時間売買取引を行う事ができるシステムとなっています。ですから、もしも為替に大きな値動きがあった場合にも、取引上でとても有利になる可能性があります。

次に、外貨貯金とFXの資産運用の一番大きな違いについて述べたいと思います。皆さんは、レバレッジというシステムの存在をご存じですか?レバレッジと言うのは、FXは元本の複数倍の金額の取引が出来るのですが、その時の「倍率」の事を指しています。例えば同じ資本だとしてもレバレッジをしたことにより大きな利益を出す事が出来るようになります。

反面、外貨貯金の場合ですと、資本以上の取引をする事はできません。そのため、やはり運用率は劣ってしまう事になるでしょう。しかし、そのようなレバレッジではありますが、やはり損失がまったく起きないと言う訳ではありません。レバレッジを高くかけた時に、失敗すると、やはり損失が大きくなってしまうのです。このような事から、スワップ運用ではリスクを少なくするためにも高いレバレッジをかけない事の方が多いようです。

このような点を踏まえて検証してみますと、FXのスワップ運用の方に軍配が上がりそうな感じがします。しかし、だからと言って、そうとは限らないようです。なぜなら、外貨貯金ですと金利は受け取る方だけです。一方のスワップ運用になりますと、金利が逆転する事により支払いが起こる可能性があるからです。ですから、この二つの投資方法のメリットやデメリットをよく認識し、自分にとってどちらが適しているかをよく考慮してからベストな選択をしてほしいと思います。